03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

マークⅡ板金 

マークⅡの板金です。
画像 032
画像 033
一度修復歴があるようです。
画像 037
ドアも押し込まれていました。ほぼもとの位置にもどすとこのくらいの隙間ができていました。
前の修復もそれほど大きな問題もなさそうでしたので板金しました。
画像 009
画像 011
使用したのは武田自動車さん考案のスペシャルワッシャーです。
さすがに噂通り素晴らしい威力を発揮してくれました。
私は一連の作業の中でもともとパテつけパテ擦りが一番嫌いで苦手だったのですが、このように鉄板から修理していくことにより嫌いな作業も苦にならず、なによりも本来の姿に近づいていくのが楽しいです。
大切な愛車にやさしいですしね(^o^)
まだまだ修行がたりませんが、よりよい仕事をしていきたいものです。

カテゴリ:板金

2010.04.07 Wed. 22:07 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« RX-7コンバーチブル
RX-7コンバーチブルつづき »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

板金塗装に関して全くの無知ですが、ブログを拝見して色々と学ばさせていただいております。
車、しっかりと芯から回復するって気持ちいいですね!また楽しみにしております。

URL | mokomoko #-

2010.04.09 09:37 * 編集 *

mokomokoさんありがとうございます。
パテつけパテ擦りに時間をかけるなら、鉄板からの修復に時間を
かけていきたいですね(^.^)結果的にそのほうが早いことも多いです。あとのトラブルも減りますし(^o^)
まだまだ達人の方々たくさんおられますが、少しでも追いついていきたいです(^o^)

URL | エース自動車 #-

2010.04.09 12:09 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://acejidousya.blog67.fc2.com/tb.php/66-cdc5ec40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 クルマ屋のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。