01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

RX-7(FC3C)カブリオレ 車検編 2 

今日は、フロントブレーキのO/Hから・・・。

これがフロントブレーキです。
P1030353.jpg
P1030460.jpg
アルミ製のキャリパーで対向4ポッドになってます。
この手の車のブレーキは、やはりデカイですね^^
因みにリヤキアリパーは、鉄製でした。

このように、向かい合わせになって、4つのピストンがついてます。
ブレーキペダルを踏むと、油圧がかかり、ピストンが押し出されます。
で、ブレーキローターを挟み込んで制動をかける仕組みです。
P1030463.jpg

これもリヤ同様、分解・洗浄します。
P1030465.jpg

リヤと比べると部品点数は、少ないです。
ですが、左右で合計8つのピストンがありますので、シール類の数はフロントの方が多くなります。
P1030466.jpg

フロントのハブにガタがあったので、ローターを取り外しグリスの交換をします。
P1030470.jpg

こちらは、アウター側のハブベアリングです。テーパーローラーベアリングなので、洗浄してグリスの詰め替えを・・・。
インナー側も外して、洗浄・グリスの詰め替えをしますが、手がベトベトで撮影できませんでした・・・。
P1030474.jpg


後は、元通りに組み付けし、プリロードの調整をすればOK!
テーパーローラーベアリングはボールベアリングと違い、微妙な締め具合が必要になります。
締めすぎると焼付いてしまいますから。

ブレーキホースも新品です^^
P1030477.jpg


続いて、マスターシリンダーのO/H
これが、マスターシリンダーです。
P1030478.jpg

P1030480.jpg

今回はASS’Y交換ではなく、インナーキットの交換をしました。

これらの部品を交換し、ブレーキオイルを入れた後、エアを抜く作業をするんですが、ここまでブレーキをバラバラにすると中々エアが抜けません。
エア抜きに苦労しました^^;


ブレーキに関しては、これで終了です。


まだまだ、続きます。


にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

カテゴリ:ブレーキ

2009.12.11 Fri. 19:45 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

RX-7 (FC3C)カブリオレ 車検編 

今日は、RX-7 (FC3C)カブリオレ(コンバーチブル)のネタから・・・。

車検が切れて5年が経過してしまってます。
先ずは、車検を受けなくてはいけません。

5年の間、たまにエンジンはかけておられたようですが、殆ど動かされておりません。
なので、ブレーキをO/H(オーバーホール)します。
長くなりそうなので、今日はリヤブレーキのO/Hのみアップしたいと思います。

分解前のリヤブレーキです。
かなり、汚れ、サビがついてますね・・・。
P1030355.jpg

ブレーキホースもボロボロになってます。
P1030366.jpg

キャリパーを取り外し分解します。
最近のリヤディスクブレーキはドラムインディスクが主流です。
フートブレーキ(通常走行時のブレーキ)はディスクパッドでローターを挟み込んで作動させ、駐車ブレーキは、ハブの中に仕組まれたドラム式のブレーキを使います。
この方が、良く効きますから。
ですが、このRX-7は、フートブレーキ、駐車ブレーキ共に、ディスクパッドでローターを挟み込んで作動させています。
なので、構造がちょっと複雑になってます。部品点数も多いですね。

こんなに、たくさんの部品が使われてます。
後で、紹介する、フロントブレーキとは大違い。
P1030375.jpg

P1030380.jpg

シールキットの中身です。これで、リヤ側左右分になります。
P1030376.jpg


これら全ての部品を洗浄し、シール、ブーツを交換します。
P1030381.jpg

シール、ブーツを交換し、元通りに組み付けします。
作業中は、手がオイルやグリスでベトベトなので、撮影できませんでした・・・。
P1030388.jpg

ディスクパッドは、キャリパーのブラケットにサビやら泥やらで、固着していたので、こちらも分解清掃します。
P1030398.jpg

ブレーキホースとガスケットを交換し、ブレーキローターを磨き、キャリパーを組み付ければ完成です。
P1030407.jpg

これらの作業を左右とも行います。

次回は、フロントブレーキ及びマスターしリンダーのO/Hです。


にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村






カテゴリ:ブレーキ

2009.12.08 Tue. 22:29 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

パッド交換 2 

リヤパッドの交換に続きフロントパッドです。
リヤの時と同じような手順で交換作業をするので詳細は省きます。
って、手抜き記事になってしまいますね・・・^^;
写真だけアップしておきます。

P1030140.jpg

P1030151.jpg

赤丸で囲った部分はセンサーと言います。
センサーと言っても電気的に動作するものではなく、
パッドが磨耗してくると、このセンサーがディスクローターと接触して
金属音な音を出す、いたって原始的なものです。
最初は、ブレーキを踏むと音がでるんですが、磨耗が進むと
ブレーキを踏む踏まないに関わらず音が出てきます。
そうなると、パッドの磨耗限度ギリギリですね。
磨耗限度を超えてしまうと、このセンサーが無くなり、音が止まる場合があります。
ドライバーは治ったと勘違いするかもしれません・・・。
リヤパッドの所でも書きましたが、
限度を超えてしまうと、ディスクローターに大きなダメージを与えてしまいます。
勝手に治ったと勘違いして、ディスクローターに大きなダメージを与えてしまうケースって
意外と多いんですよ。気を付けて下さいね^^
P1030147 センサー赤丸

P1030152.jpg

P1030153.jpg

カテゴリ:ブレーキ

2009.11.09 Mon. 22:41 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

パッド交換 

今日は、先日 車検で入庫したクラウンのパッド交換です。
大して面白い記事ではないかと思いますが^^;

走行距離は5万キロ弱でした。
フロントパッドの交換は予想していましたが、まさかリヤパッドまで交換しなければならないとは意外でした。
先ずはリヤパッドから。

かなり減ってますね。
P1030124.jpg

P1030126.jpg

1輪につき2枚セットです。左右で合計4枚交換します。
P1030129.jpg

左が外した古いパッド、右が新品です。
厚みがこんなに違います!
P1030130.jpg

外したパッドに付いているシム及びパッド固定用のピンはパーツクリーナーにて洗浄します。
P1030132.jpg

パッドの裏面とシムの裏面にディスクブレーキ用のグリスを塗ります。
このグリスはブレーキ鳴き止め用です。
ブレーキ用のグリスには、他にラバーグリスとドラムブレーキ専用グリスがあります。
ラバーグリスとドラムブレーキ専用グリスについては、またの機会に。
これらのグリスを1本にした、シリコングリスと言うのもありますが、僕はそれぞれを使い分けます。

P1030110.jpg

P1030134.jpg

飛び出しているキャリパーのピストンを専用工具で戻し、新品のパッドを組み付けます。P1030127.jpg

最後にディスクローターにペーパーをかけ、汚れや油分等を取り除きます。
写真は無いですが、パッドの表?と言いますかディスクローターとの接触面にもペーパーをかけておきます。
P1030138.jpg

ディスクローターは、タイヤと一緒にまわっており、パッドで挟み込んでブレーキをかけます。
もし、パッドが磨耗の限界を超えてしまうと、ディスクローターに大きなダメージを与えてしまいます。
そうなってしまうと、修理代も高くなってしまうので、定期的な点検をお薦めします。


カテゴリ:ブレーキ

2009.11.07 Sat. 23:17 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2017 クルマ屋のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。